SourceChord

C#とXAML好きなプログラマの備忘録。最近はWPF系の話題が中心です。

Windows Template Studio雛形コードの使い方~Pivot & Tabs プロジェクト~

今度は、Pivotを用いたプロジェクトを作ってみます。 Pivotのプロジェクトは、前回使用したBlankプロジェクトと共通点も多く、割とシンプルな構成になっています。 チェックすべき箇所も少ないので、CodeBehind版/MVVM Basic版の両方をまとめて見ていきます。

Windows Template Studio雛形コードの使い方~Blank & MVVM Basicなプロジェクト~

今度は、MVVM Basicな構成のプロジェクトを見ていきます。 この雛形は、シンプルなMVVM構成でコードを書く時には、割と使い勝手がいいかなと思います。 準備 Code BehindとMVVM Basicのプロジェクトの違い MVVMな設計のためのヘルパークラス類 ViewsとViewMo…

Windows Template Studio雛形コードの使い方~Blank & CodeBehindなプロジェクト~

これから何回かに分けて、WindowsTemplateStudioで生成したプロジェクトが、どのような構造になっているか見ていこうと思います。 今回は最初なので、UWPの基本的な仕組みも含めて色々と試してみます。 プロジェクトの作成 全体の構成 アプリのスタートアッ…

Windows Template Studioを使ってみた

Build 2017の動画とか↓のブログ見て知ったのですが、こんなVS拡張機能が出てきました。 Windows Template Studio - Visual Studio Marketplace 今まで、UWPプロジェクトの雛形は、空っぽなウィンドウが表示されるだけの、非常に簡素なものしかありませんでし…

Build 2017メモ

ここ最近、Build2017の動画を色々と見て回ってました。 その中で、面白かったものなどを、いくつかメモっておこうと思います。 Fluent Design System 今回のBuildで印象に残ったのは、やっぱコレ。 http://fluent.microsoft.com/ https://channel9.msdn.com/…

Xamarin.FormsがWPF&GTK#対応するっぽい!!

ここのところ、先週のBuild2017の動画を色々見て回ってたのですが、 ↓のXamarin.Formsの動画の34:00~あたり。 https://channel9.msdn.com/Events/Build/2017/B8099 今後Xamarin.Formsが、WPFとかGTK#上での実行に対応するようです。 ロードマップや公式ブロ…

knockout.jsでバインディング・コンテキストの値をデバッガで確認する方法

近年のフロントエンド界隈では、Knockout.jsはあまり話題に上らなくなっちゃいましたね。。。 ですが、自分は以前Knockout.jsで書いてたプロジェクトを弄ったりと、今でも結構使ってます。 あと、なんだかんだ言って、双方向データバインディングだけあれば…

GLFWを使ってみた

OpenGLでちょろっとウィンドウ表示をする時などには、GLUTをよく使っていたのですが、 近年(と言っても随分前から)ではGLFWというものもよく使われているようです。 http://www.glfw.org/documentation.html 先日↓に書いた、NupenGLというパッケージをインス…

CretatorsUpdateから、UWPでもTypeConverter的なものが使えるようになりました

WPFとUWPでは、同じXAMLという仕組みを用いていますが、細かい部分を見ると「アレがない」「コレがない」といった、細かい違いがあります。 そんな違いの一つとして、「UWPにはTypeConverterがない」という違いがありました。 ですが、Windows 10 Creators U…

UWPでのファイル・ストレージ操作

今まで、ちゃんとしたUWPアプリ作ってなかったので、ファイル操作などはほとんど扱ってませんでした。。。 ですが、本格的なアプリを作ろうと思うと、この手のファイル操作はが必要になる場面は多いですよね。 ということで、ファイル・ストレージ操作でよく…

MADOSMA Q501をinsider previewにしてCreators Updateにしてみました

先月のMSからのアナウンスで、残念ながら初代MADOSMA Q501はCreators Update対象外となってしまいました。 ですが、insider previewであれば、非サポートですが自己責任でCreators Updateに更新できるとのことでした。 てことで、insider previewをスローリ…

VS2017でOpenGLとGLUTを使う手順

OpenGLを使って、簡単にクロスプラットフォームなコードを書くための、GLUTというライブラリがあります。 ちょっと必要に迫られて、久しぶりにGLUTを使う機会があったので、VS2017でGLUTを使うまでの手順をざっとまとめておこうと思います。 GLUT使うのは、5…

UWP Community Toolkit 1.4.1を使ってみた

UWP Community ToolkitのV1.4.1がリリースされてました。 https://github.com/Microsoft/UWPCommunityToolkit/releases/tag/1.4.0 https://github.com/Microsoft/UWPCommunityToolkit/releases/tag/1.4.1 ということで今回も、個人的にいいなと思った点をま…

MADOSMA Q601買いました!!

ここのところ、Windows 10 Mobile界隈、かなり雲行きが怪しいですね。。。 そんなこともあってか、MADOSMA Q601がだいぶ値下がりしてたので買ってみました。 ただ、最近忙しくて、あまり使い込めずにいたのですが、 さっきamazon見てみたら、さらに値下がり…

Windows10 Creators Updateに更新しました

先日から、更新アシスタント経由でアップデートできるようになってたので、さっそく更新してみました。 設定⇒「更新とセキュリティ」を開き、Windows Updateのタブを見るとこんな項目が出ています。

Chrome57リリース!! ChromeでもCSS Grid Layoutがサポートされました。

先日のFirefox52に続き、ChromeでもCSS Grid Layoutへの対応が行われました!! sourcechord.hatenablog.com Chromeでも↓こんな風に拡張フラグなどの設定なしで利用できるようになっています。

Visual Studio 2017のXAMLエディタ

VS2017をインストールしたので、ざっと色々な機能を試してみました。 IDEの起動も速くなってるし、便利な機能も色々と追加されてて、なかなかイイ感じです。 XAMLエディタの新機能は以下のページにまとめられています。 Visual Studio 2017 リリース ノート

Visual Studio 2017をインストールしてみました

さっそくインストールしてみました。 Webインストーラは以下のページからダウンロードできます。 https://www.visualstudio.com/ja/vs/whatsnew/ 以前から話題となっていたように、インストーラが刷新されてだいぶ様変わりしています。 インストール項目に結…

Firefox52リリース!! CSS Grid Layoutへの対応キター!!

以前、↓の記事で書いたCSS Grid Layout Module Level1にFirefoxが対応しました!! ベンダープレフィックスも、試験的な機能のフラグも特に必要なく、デフォルトの状態で使えるようになっています。 デフォルトでこの機能が有効になったのは、主要ブラウザの中…

UWP Community Toolkit 1.3がリリースされてました

UWP Community Toolkit 1.3がリリースされてました。 V1.2/V1.3で色々と便利なコントロールが追加されているので、 ざっとめぼしい部分を見繕って、使い方をまとめておこうと思います。 MasterDetailView 各種プロパティなど Loading MarkdownTextBlock Expa…

OpenCvSharpで顔検出

今度は顔検出をやってみました。 OpenCvSharpのサンプルコードをベースにちょっと書き換えただけですが、意外とシンプルなコードで書けるもんですね。 今回は程よいサンプル画像がないので、コードだけφ(..)メモメモ

OpenCvSharpで透視投影の補正

OpenCvSharpを使って、透視変換を行ってみました。

WPFでホットキーの登録

WPFでホットキーの登録を行うサンプルを書いてみました。 Win32のRegisterHotKey/UnregisterHotKeyというAPIを呼び出すことで、ホットキーの登録/登録解除ができます。 このAPIでホットキーを登録しておくと、アプリがアクティブでないときでも有効なグロー…

WPF用にNotifyIconクラスをラップしてみた

C#で常駐アプリなどを作り、タスクトレイにアイコンを出す場合には、Win Formsで用意されているNotifyIconというクラスを使います。 以前、このクラスを使って常駐アプリを作る方法を↓に書きました。 この方法だと、使うたびにWinFormsのデザイナを利用して…

そのReactほんとに必要ですか?~もうすぐElectronで使えるようになるWeb Componentsの世界~

この記事はelectronアドベントカレンダー 2016 21日目の記事です。 遅くなってしまい申し訳ありません。。。

WPF/UWP向けに、グリッドレイアウト補助ライブラリを作ってみました~GridExtra~

この記事はXAMLアドベントカレンダー 2016 18日目の記事です。 WPF/UWP向けに、グリッドレイアウトに役立つクラス類を提供するライブラリを作りました。 今のところ、この二つのクラスだけですが、今後少しずつ色々なパネルを追加していきたいと思っています…

.Net 4.6.2以降でのWPFのPer-Monitor DPI対応

この記事はXAMLアドベントカレンダー 2016 14日目の記事です。 WPFでは、ボタンをはじめとする各種UI要素はベクターベースでの描画を行っています。 そのため、WinFormsやMFCなどのGDI系のUIフレームワークと違い、High-DPIな環境でもボケずにキレイな描画が…

.Net 4.6.2でのWPFのソフトキーボード対応の改善

WPF

この記事はXAMLアドベントカレンダー 2016 4日目の記事です。 今まで、WPFのTextBoxはタップしても、ソフトキーボードが表示されませんでした。 ですが、.Net4.6.2でソフトキーボードのサポートが強化され、テキストボックスタップ時に自動でソフトキーボー…

Visual StudioのXAMLエディタの地味に便利な機能

この記事はXAMLアドベントカレンダー 2016 3日目の記事です。 この記事では、Visual StudioのXAMLエディタの機能で、そこそこ便利なんだけど、あまり知られて無さそうなものをいくつか紹介したいと思います。 VS2015に搭載されている機能を紹介しているので…

Debug時とRelease時のXAML表示内容を切り替える方法

この記事はXAMLアドベントカレンダー 2016 2日目の記事です。 ちょっと予定を変更して、本日はXAMLの小ネタ。 XAML上で、以下のような表示切替をしてみます。 Debug/Releaseモードに応じて表示内容を切り替える VSのデザイナ上での実行orアプリとしての実行…