SourceChord

C#とXAML好きなプログラマの備忘録。最近はWPF系の話題が中心です。

PackageManagement+ChocolateyGetでパッケージ管理する手順

導入手順と、よく使いそうな操作をφ(..)メモメモ

参考リンク

GitHub - jianyunt/ChocolateyGet: ChocolateyGet provider allows to download packages from Chocolatey.org repository via OneGet PackageManagement+ChocolateyGet によるパッケージ管理 - Qiita

続きを読む

WPF用ライブラリ開発者向けの.NET Core事始め~.NET Core/.NET Framework両対応ライブラリの作成方法~

この記事はC# その2 Advent Calendar 201917日目の記事です。

.NET Core3.0からは、WPFやWinFormsなどのデスクトップアプリ開発もサポートされました。
WPFでのアプリ開発も、徐々に.NET Core環境に移行して行ってもいいかな、、という環境が整いつつあると感じます。

この記事では、WPF向けライブラリ作成という観点から、.NET Core時代のライブラリ作成方法を見ていこうと思います。

続きを読む

FluentWPF 0.8.0をリリースしました

https://github.com/sourcechord/FluentWPF/releases/tag/v0.8.0

今回の更新では、FluentWPFのプロジェクトファイル類を新しい形式のcsproj形式に変更しました。
これによって、.NET Core環境でのWPFアプリもフルサポートできるようになってます。

慣れると、新形式のcsprojは便利ですね。
f:id:minami_SC:20191104230056p:plain

こんな風に、一つのプロジェクトで複数のターゲット向けのビルドなどもできるようになります。
⇒この辺の経緯は、また別途書こうかと。

ということで、FluentWPFは.NET Core 3.0でネイティブに動作するようになりました。 WPF on .NET Core3.0なプロジェクトでFluentWPFを使用しても、ビルド時の警告が出ないようになってます。

続きを読む

MVVMでViewModelから別ウィンドウ表示をするサンプル~シンプルなTODOリスト~

以前、MVVMパターンで設計する際に、ダイアログ表示をどう行うか、、という内容で↓の記事のようなサンプルを書きました。

今回はコレの派生形として、任意のウィンドウをMVVMなパターンで表示するサンプルを書いてみました。

こんな感じの、よくあるTODOリストアプリです。
TODO項目の追加/編集を別ウィンドウで入力/編集する、というUIになっています。
f:id:minami_SC:20190609220554g:plain

コード一式は以下の場所に置いてます。

続きを読む

FluentWPF 0.7.0をリリースしました

Release v0.7.0 · sourcechord/FluentWPF · GitHub

今回は、AcrylicWindow関係の機能強化とバグフィックスが主な更新内容です。
ウィンドウやタイトルバー周りのカスタマイズ性を向上させたので、いろんなデザイン作りやすくなったんじゃないかな。

続きを読む

Windows 10 May 2019 Updateに更新してみました

リリースされたんでアップデートしてみました。

Winキー+Shift+sキーのショートカットで、ウィンドウ単位のキャプチャができるようになってますね。
f:id:minami_SC:20190526232927p:plain

続きを読む

Windows10 1903 insider previewでアクリル化のAPIがおかしい・・・

ちょっと前に、以下のようなIssueをもらったので、見ていました。

近々リリースされる予定のWindows10 1903環境で、FluentWPFのAcrylicWindowの動作がおかしいとのこと。
ウィンドウをドラッグすると、UIの応答が非常に悪くなり、ウィンドウの移動がマウス操作に追従しなくなるようです。

続きを読む