読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SourceChord

C#とXAML好きなプログラマの備忘録。最近はWPF系の話題が中心です。

ModernUI for WPFを使ってみた

WPF C#

WPFアプリを簡単にメトロデザインにできる、ModernUI for WPFというライブラリがあります。
これがすごい便利!!
手軽にZuneとかVS2012みたいな雰囲気にできます。

使い方

以下のページに詳しく書かれてます。
http://mui.codeplex.com/wikipage?title=My%20first%20Modern%20UI%20app

大まかに、以下のような手順で使います。

  1. Nugetから、ModernUI for WPFをインストール
  2. MainWindowを、ModernWindowクラスを継承するように書き換える
  3. App.xamlにリソースディクショナリを追加
  4. MainWindowにメニューを追加
    • ModernWindowクラスでは、Contentプロパティが無視されるので注意
  5. 各ページのコンテンツを、UserControlとして作成する
    • ここで、UserControlルートのGrid要素に、ContentRootスタイルを設定する
  6. MainWindowに、各ページへのリンクを設定する
    • mui:Link要素のSourceプロパティに、↑で作ったUserControlのxamlを指定する
    • アプリ起動時に表示するページを、ContentSourceプロパティに設定

ページの切り替え時にはアニメーションで横からスライドイン表示がされてカッコイイですw