読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SourceChord

C#とXAML好きなプログラマの備忘録。最近はWPF系の話題が中心です。

TypeScript2.0での型定義ファイルの管理

TypeScript VSCode Node.js

とうとう出ました、TypeScript2.0!!

TypeScript 2.0 is now available! | TypeScript

メジャーバージョンアップなので変更点はたくさんありますが、個人的に一番気になっていた、npmからの型定義の取得を試してみます。

参考リンク

TypeScript2.0での変更点とかは、↓の記事がとても詳しいです。
http://qiita.com/vvakame/items/ae239f3d6f6f08f7c719
http://qiita.com/vvakame/items/826bf193dd301862014f

あと、TypeScript2.0での@typesからの型定義ファイルの取得方法は、↓を参考にやってみました。
http://qiita.com/laco0416/items/ed1aadf335f12cd3618d
http://qiita.com/tonkotsuboy_com/items/634b0921b6170cf56813

使ってみる

ここでは、サンプルとしてlodash を読み込んでNode.js環境で使うまでの手順をやってみます。

パッケージ類のインストール

  1. package.jsonの生成
    • フォルダを作り、npm initコマンドで、package.jsonを生成します。
  2. TypeScriptのインストール
    • npm install typescript --save-devとコマンドを実行し、TypeScriptコンパイラをインストールします。
  3. lodashのインストール
    • 続いて、npm install --save lodashのコマンドを実行し、lodashをインストールします。
  4. 型定義ファイルのインストール
    • npm install --save-dev @types/lodashを実行

型定義ファイルを取得するために、別のツールを使わずnpmでそのまま取得できて、とても便利ですね!!

tsconfig.jsonの生成

以下のコマンドを実行し、npmからローカルにインストールしたTypeScriptコンパイラを使って、tsconfig.jsonを生成します。

node_modules\.bin\tsc --init

tsconfig.json

{
    "compilerOptions": {
        "module": "commonjs",
        "target": "es5",
        "noImplicitAny": false,
        "sourceMap": true
    }
}

細かい設定などは、お好みで色々変えていけばよいかと。

lodashを使ったサンプルコード

パッケージ類の取得ができたので、これを使ってコードを書いてみます。

index.tsというファイルを作成し、以下のようなコードを書きます。

import * as _ from "lodash";

var src = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9];
var result = _.remove(src, (item) => item % 2 == 0);

console.dir(src);
console.dir(result);

package.jsonの編集

package.jsonscriptsに、TypeScriptのコンパイルなどをするためのタスク定義をしておきます。
こうしておくと、コンソールからnpm startと実行するだけで、TypeScriptのコンパイル⇒実行まで一発でできるようになります。

プロジェクトの構成と、package.jsonは以下のような感じです。
f:id:minami_SC:20160928005357p:plain

package.json

{
  "name": "typescript2-test",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1",
    "build": "tsc",
    "prestart": "npm run build",
    "start": "node index.js"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC",
  "dependencies": {
    "@types/lodash": "^4.14.36",
    "lodash": "^4.16.1"
  },
  "devDependencies": {
    "typescript": "^2.0.3"
  }
}

VSCode向けの設定

ついでに、VSCode用に色々と設定をしておきます。

ビルド関係のタスク定義

コマンドパレットから、Configure Task Runnerコマンドを実行し、npm向けのタスク定義ファイルを生成します。 f:id:minami_SC:20160928005408p:plain

以下のようにtasks.jsonを書きます。
ビルド用のタスクを定義しているだけです。

tasks.json

{
    // See https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=733558
    // for the documentation about the tasks.json format
    "version": "0.1.0",
    "command": "npm",
    "isShellCommand": true,
    "showOutput": "always",
    "suppressTaskName": true,
    "tasks": [
        {
            "taskName": "build",
            "args": ["run", "build"]
        }
    ]
}

launch.jsonの作成

F5キーを押し、デバッガでの実行をしようとすると、launch.jsonが作られます。

以下のように少しカスタマイズし、sourcemapを使うようにしたり、デバッグ開始前にbuildタスクを走らせたりするようにしています。

{
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
        {
            "name": "起動",
            "type": "node",
            "request": "launch",
            "program": "${workspaceRoot}/index.js",
            "stopOnEntry": false,
            "args": [],
            "cwd": "${workspaceRoot}",
            "preLaunchTask": "build",
            "runtimeExecutable": null,
            "runtimeArgs": [
                "--nolazy"
            ],
            "env": {
                "NODE_ENV": "development"
            },
            "console": "internalConsole",
            "sourceMaps": true,
            "outDir": null
        },
        {
            "name": "アタッチ",
            "type": "node",
            "request": "attach",
            "port": 5858,
            "address": "localhost",
            "restart": false,
            "sourceMaps": false,
            "outDir": null,
            "localRoot": "${workspaceRoot}",
            "remoteRoot": null
        },
        {
            "name": "プロセスにアタッチ",
            "type": "node",
            "request": "attach",
            "processId": "${command.PickProcess}",
            "port": 5858,
            "sourceMaps": false,
            "outDir": null
        }
    ]
}

settings.jsonの設定

ファイルメニューから「ワークスペース設定」をクリックし、settings.jsonを作成します。

VSCodeの言語サービスの設定

VSCodeのエディタなどでは、VSCodeの言語サービスがTypeScriptのコードを解析し、エラー箇所の表示やコード補間などを行ってくれています。

この言語サービスで使用されるTypeScriptは、VSCodeが内部で持っているTypeScriptコンパイラが利用されています。
このプロジェクトでは、先ほどインストールしたTypeScript2.0を使用してほしいので、settings.jsonに以下のような設定を加え、npmからインストールしたTypeScriptパッケージを利用するように設定します。

"typescript.tsdk": "node_modules/typescript/lib"
その他の設定

以下の設定を加えておくと、tsファイルと同階層にある.js/.js.mapファイルなどが、VSCodeのエクスプローラの表示対象から除外されてスッキリします。

    "files.exclude": {
        "**/*.js": {"when": "$(basename).ts"},
        "**/*.map": {"when": "$(basename)"}
    }

settings.json

// 既定の設定とユーザー設定を上書きするには、このファイル内に設定を挿入します
{
    "typescript.tsdk": "node_modules/typescript/lib",
    // ファイルとフォルダーを除外するための glob パターンを構成します。
    "files.exclude": {
        "**/*.js": {"when": "$(basename).ts"},
        "**/*.map": {"when": "$(basename)"}
    }
}