読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SourceChord

C#とXAML好きなプログラマの備忘録。最近はWPF系の話題が中心です。

Win8環境でWPFのToolWindowを最大化した時のバグ?

C# WPF

Windows8で、WPFのToolWindowを表示し、
タイトルバーなどをダブルクリックして最大化すると、
画面下のタスクバーやスナップ表示部分を無視して、ウィンドウが最大化されます。


コードはこんな感じ。
「WindowStyle="ToolWindow"」を指定して、タスクバーへのはみ出し部分がわかりやすいように背景色を設定してるだけ。。。

<Window x:Class="WpfApplication1.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525" Background="Yellow" WindowStyle="ToolWindow">
    <Grid>
        
    </Grid>
</Window>

Windows7では、タスクバー部分にはみ出すなんとことはなかったのに・・・

Windows8.1&VS2013でも試してみたけど、直ってないようです。
っていうか、Win8.1では、スナップ表示ではなく、任意の幅に調整ができてしまうので、
こんな風に、過激にはみ出したりします。

ウインドウのタイトル位置を見るとわかりますが、右側のカレンダーアプリでToolWindowの半分近くの領域が隠れています。


うーん、そのうちWindowsUpdateで修正されたりしないかなぁ。。。。